離乳食の始め方と食べない時に行う5つの対処法

子育て

先日栄養士の先生とお話しする機会がありましたので、離乳食についての勉強をしてきました。

離乳食を食べないときの対処法もありますので、ぜひご覧ください。

この記事がおすすめな人
  • 2歳未満のお子様がいる方
  • 赤ちゃんが離乳食を食べてくれなくてお困りの方

離乳食を始める時期

赤ちゃんケーキに突っ込む

離乳食は一般的に生後5か月頃から始めていきます。その後、1歳半くらいを目安に離乳食完了期を迎えていきます。(赤ちゃんによって個人差があるので、成長に合わせた開始時期で問題ありません)

■離乳食開始~離乳食完了期まで
  • 5か月~6か月頃

    いよいよ離乳食を開始していきます。

    やわらかく煮た食材をすりつぶし、水分を加えてのばし、なめらかにします。

    かたさの目安はヨーグルトです。

  • 7~8か月頃

    舌と上あごでつぶせるくらいやわらかく茹でたものを、粗くつぶしたり、みじん切りにします。

    かたさの目安は絹ごし豆腐です。

  • 9~11か月頃

    指でつぶしてほんの少し力がいるくらいに調理します。かたすぎてもやわすぎても丸飲みしてしまうので確認します。

    かたさの目安は熟したバナナです。

  • 12~18か月頃

    前歯が生えそろったら前歯でかじりとれるようなスティック状も試していきます。(やわらかくゆでる)

    かたさの目安はゆで卵の白身です。

月齢に合わせた離乳食の形態

5~6か月頃

離乳食の開始初月は1日1回で慣らしていき、2ヶ月目くらいには1日2回を目安にしていきましょう。

ポタージュ状の水分の多いものから、赤ちゃんの様子を見ながら水分を調整していきます。ポタージュ状が食べられるようになったら、ジャム状くらいまで水分を調整します。

7~8か月頃

離乳食は1日2回を目安に食べさせます。

ジャム状が食べられるようになったら、つぶし方を粗くし「粗つぶし」に調整します。「粗つぶし」が食べられるようになったら、やわらかいものをみじん切り(2~3mm)にしてあげます。みじん切りが食べられるようになったら、だんだん大きく粗みじん切り(5~6mm)にしていきます。

9~11か月頃

離乳食は1日3回を目安にしていきます。

粗みじん切りが食べられるようになったら、やわらかいものを7~8mmに切ります。食べられるようになったら1cmくらいの大きさに切ります。

12~18か月頃

離乳食は1日3回を目安にします。

切り方はサイコロのほか、スティック状にし手で握って食べる練習をしていきます。スティックは短いと握ったときに手で隠れてしまうので、6~7cmくらいの長さを目安にします。

卵・魚・肉の進め方

卵・魚・肉は月齢に合った食品・量をあげていきます。

アレルギーにならないために心がけたいこと
  • 昼間で目がパッチリ覚めているときにあげる
  • 新しい食品をあげる時は、1日1種類、小さじ1杯程度を目安にあげる
  • 同じ食品を毎日多量にあげない
  • 注意が必要な食品は、開始時期を守る
※注意が必要な食品※
  • 蜂蜜・黒砂糖・牛乳・トロピカルフルーツ・メロン・キウイ ➡ 1歳以降
  • さば ➡ 1歳6か月(離乳食完了期)以降
  • そば ➡ 早くて2歳以降がよい
  • 刺身 ➡ なるべく3歳以降がよい

卵の進め方

かたく茹でた卵の卵黄のみを食べさせます。白身はたんぱく質など余計なものが混ざっているため、始めのうちは食べさせません。卵黄もできるだけ中心付近を食べさせるようにしましょう。固ゆでの目安は沸騰20分ほどです。

  • 6か月頃

    量の目安はごく少量(耳かき一杯程度)から始めます。

  • 7~8か月頃

    少しずつ増やし、卵黄1個食べさせます。

    卵黄1個食べられるようになったら、全卵1/3ほどにします。

  • 9~11か月頃

    全卵1/2個ほどにしていきます。

  • 12~18か月頃

    全卵1/2~2/3個ほどに調整していきます。

魚の進め方

魚は白身魚から始め、赤身魚、青魚と慣れさせていきます。

  • 5~6か月頃

    白身魚・・・たい、ひらめ、かれい

    小さじ1~2目安

  • 7~8か月頃

    赤身魚・・・まぐろ、かつお、さけ(白身魚)

    小さじ2~3目安

  • 9~11か月頃

    青魚・・・あじ、いわし、ぶり、さんま

    小さじ3目安

肉の進め方

脂肪の少ない鶏ささ身から始め、鶏ひき肉へと変えていきます。

  • 7~8か月頃

    鶏ささ身・・・小さじ2~3目安

    鶏ひき肉・・・小さじ2~3目安

  • 9~11か月頃

    鶏レバー・・・小さじ3目安

    豚・牛の赤身ひき肉・・・小さじ3

離乳食を食べないときは?

離乳食をあげる

離乳食を食べないの5つの対処法について紹介します。

対処法① かたさ・大きさを見直す

赤ちゃんに合った食べ物の「かたさ」「大きさ」でないために、食べないことがあります。

対処法② 食べやすくする

口の中でまとまらず食べにくいために、離乳食を食べないことがあります。「とろみ」や「ねばり」のあるものと組み合わせて食べやすくしましょう。

  • 片栗粉やコーンスターチ
  • じゃが芋、かぼちゃのペースト
  • すりつぶした豆腐、納豆
  • ヨーグルト
  • おろした麩
  • ベビーフードのとろみ剤

対処法③ 調理法を変えてみる

離乳食がワンパターンになって、食べないことがあります。トマト煮やミルク煮にして、煮方を変えたり和える食材を変えてみたりしてみましょう。

  • スープ煮、だし煮、トマト煮、ミルク煮
  • かぼちゃ、じゃが芋、ヨーグルト、納豆、豆腐、かつお節

対処法④ 授乳回数のリズムを整える

授乳を頻回にしていると、お腹がすかずに食べないことがあります。授乳回数のリズムを整えて、お腹をすかせるようにしましょう。

泣いたら、あやす、歌をうたってあげるなど、たくさん遊んであげてお腹をすかせるようにして、授乳回数のリズムを整える

対処法⑤ 生活リズムを整える

生活リズムが乱れて離乳食を食べないことがあります。夜は早く寝かせて、朝の光で目覚めさせ、離乳食は決まった時間にあげるようにしましょう。

離乳食は、午前10時と午後2時頃がおすすめ。

生活リズムができるとお腹がすく間隔が作られる。

離乳食のQ&A

よくあるQ&Aについてお聞きしました。

Q.味付けはいつから?

9か月以降から風味付け程度に味付けする。

濃い味付けにすると・・・味覚が鈍り、野菜などの甘味を感じることができないため、偏食になってしまう!

Q.間食はいつから?

間食は12~18か月以降(離乳食の回数が3回食になった頃)

3回の食事では1日に必要な栄養がとれないため、間食に芋類・果物・牛乳・乳製品をあげるようにする(牛乳は1歳すぎてから)

Q.手づかみ食べはなぜ必要?

手で食べることで、舌の代わりに食べ物のかたさの確認や、一口量の調整をすることができるから。

手づかみ食べをしていないと・・・かたいものや一口量が分からず、食べ物がのどにつまったり、口の中をケガしてしまう!

Q.フォローアップミルクはあげた方がいい?

離乳食が順調に進んでいて、発育状況がよければ、あげる必要はない。

■フォローアップミルク

母乳や育児用ミルクの代用品ではない。鉄不足などで使用する場合は、9か月以降でよい。

Q.はちみつはいつから?

必ず1歳以降にあげる。

1歳未満の乳児にハチミツを与えると、乳児ボツリヌス症を引き起こす恐れがある。

離乳食完了期について

離乳食完了期を迎えても、すべての歯がそろってはいないので、大人同様に何でも食べ物を食べられるわけではありません。

離乳食完了期の目標は、自分で食べ物を口に入れて、噛んで食べることになります。母乳を欲しがるようであれば、与えて構いません。

焦らずゆっくりと赤ちゃんの成長を見守ってあげましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました