子供用プールを選ぶために確認すべき事とは?

暮らし

夏休みに入り、家庭でプールを広げる時期がやってきました。家庭用のプールもすごく種類が豊富でどれを買うべきか悩みますね。新しくプールを購入される方のために、事前に確認しておくこと、プールを選ぶポイントについてご紹介します。

子供用プールを購入する前に確認したい事

プールで遊ぶ子ども

プールを広げるのは基本的に一戸建て住宅が多いと思います。マンション等のベランダに置くケースもあると思いますが、これはルール上問題がないかをご確認のうえ、購入されることをおすすめします。

プールを広げる場所の地面は?

コンクリート?土?芝?ゴム?・・・

我が家は駐車場にプールを置くので、コンクリートです。ここで注意したいのは、プールが破れる危険性です。地面に小石が残っていたり地面の凹凸により、プールが破れてしまった経験があります。

個人的にはプールマットをプールの下に敷くことをおすすめします。ただし、プールからはみ出したシートは足で踏むと滑って転倒する恐れがあります。危険なので、必ず折り畳むもしくはカットするなどして、転倒防止の対策を行いましょう。

大人や子供何人くらいの人数で使用する?

友達を呼んだり、兄弟と入ったり、人数によって必要なサイズ感が変わってきます。また、何歳くらいまでの使用を見込んでいるかで、ある程度の深さも考慮すべきです。サイズについては、広げる場所の広さも確認して購入しましょう。

子供用プールを選ぶポイント

ボールで遊ぶ子供

プールを選ぶときのポイントは、

空気入れが必要なタイプか?

プールには、空気入れが必要なタイプと不要のタイプがあります。空気入れが必要なタイプは収納時にコンパクトになり、膨らましたときは壁が空気の層になるので安全面でのメリットもあります。逆に、空気入れが不要なタイプは、空気を入れる時間と手間がかかりません。また、最近はコンパクトに折り畳めるプールも増えてきました。個人的には空気を入れるタイプが怪我のリスクが軽減されて安心感がありました。

【楽天1位】ビニールプール 折り畳み式 1.5m 1.8m 2.1m 2.6m 3m

排水栓があるか?

プールに排水栓がないと、使用後の排水が大変です。大きなプールには大抵ついているとは思いますが、ついていない場合もあるので確認しておきましょう。以前、排水栓がついていないプールを購入して毎回使用後が大変だったのを覚えています。

空気を入れる層は分かれているか?

空気を入れる箇所が複数に分かれていると、空気入れや空気抜きに手間がかかりますが、空気が抜けてきたときに、空気を入れ直しやすかったり、水漏れがしにくかったりと対処が楽になります。個人的には分かれている方が見た目も良く、丈夫な感じがしてよかったです。

まとめ

それでは、購入前の確認事項と選ぶポイントについてまとめます。

●プールを広げる場所次第ではプールマットを検討する

●使用する人数と設置場所を確認しプールのサイズを決める

●空気を入れる必要タイプと空気入れ不要のタイプの2パターン

●排水栓がついているタイプの方が、使用後の片づけが楽

●空気を入れる層が分かれていると手間だが、トラブル時の対処がしやすい

最後に、滑り台付きのプールも増えてきましたね。空気で膨らむ滑り台ですが、小さなお子様はより楽しめると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました